借金返済ブログ|いい借金と悪い借金の違いは?

借金返済ブログ|いい借金と悪い借金の違いは?

 

今の世の中、現金だけではなかなか生きていけませんから、普通はどこかで借金しています。
クレジットカードを使うのも広い意味での借金ですね。

 

人によって借金の動機は違いますから、借金そのものがいいか悪いか一概には言えないでしょう。
クレジットカードを使っても期日にきちんと精算できていれば、もちろん問題はありません。

 

住宅ローンのような多額な借金でも、それが問題だと考える人はいないでしょう。
それでは、悪い借金すなわち危ない借金とはどういうものでしょうか。

 

まず、返済のアテのない借金ですね。
期日に入金すべき返済額を収入の中から捻出できなくなると、借金のための借金をするという悪循環に陥ってしまう危険があります。

 

それから、だんだん増えていく借金、これも危険です。
カードローンの返済よりも借入れの方が多くなり、複数の業者から借り入れざるを得なくなるような状況ですね。

 

金利が高い借金も問題です。
業者の金利は、金利制限法の適用を受けていますが、それでも、金利の高い多額の借金があることは問題があります。

 

いずれも借金生活が常態化して、元金や利息の返済に苦しむ生活に陥る可能性があります。
借りるのが便利な世の中なので、軽い気持ちで借金をすることがあると思いますが、「悪い借金」への入り口になっていないか、よく考える必要がありますね。

 

苦しくても可能な限り借入残高のリセットを掛ける

生活費が足りずカードローンのキャッシングを利用しなければ、生活が維持出来ないということは誰にも十分あり得ることです。
急な出費のピンチに備えて、慌てることなく予めカードローンの契約をしておくと言うのも、賢い選択と言えます。

 

どんなケースでも、どうしてもお金を借りなければならない場合に限って、計画的な利用を考えていければベターです。
どんなカードローンにも限度額がありますし、借入残高が大きくなれば毎月の返済額も当然どんどん大きくなります。

 

一番注意しなければならないのが、限度額まではまるで「自分の財布」の如く利用し続けてしまうことです。
キャッシングが可能な間は、まるで生活が楽になった感覚すら覚えるのですが、限度額に近づいた借入残高まで積み上がった時の毎月の返済額は、支払い能力を遥かに超えたものとなり、返す為に借りる自転車操業状態となるのは間違いありません。

 

カードローンを生活に欠かせないものとして、長期的に利用を続けていく為には、まとまった収入があったタイミングで、可能な限り増額返済や一括返済をして借入残高をリセットすることです。
「そんなことをしたら手持ちのお金が無くなってしまう」と思うかもしれませんが、どうしても足りなければその都度借りることを考えれば良いのです。

 

借入残高が大きくなればなるほど利息が嵩み、所謂「雪だるま式」になるリスクを孕む訳ですから、リセットを掛けて借入残高を減らし、利息分の金額を減らすことが有効なのです。
何より、一度借入残高が減ることは、精神的な不安を和らげてくれるものです。

 

アルバイト暮らしだと借金は大変な思いをします

今現在ではしっかりとした正社員についているのですが、昔はアルバイト暮らしをしている際にちょっとした借金問題を抱えたことがあって、その時は非常に不安な思いをしたことがありました。
実際にアルバイトでの収入で借金が借りれるのかという問題がありますが、自分がした借金はキャッシングや消費者金融などではなくて、いわゆるクレジットカードでの買い物のし過ぎというものでした。

 

当時の自分はやはりこういった金融関係のことに疎くて、ついクレジットカードという魔法のカードを持ってしまうと買い物を多くしてしまい、それで気づいたら返済金額が20万円ほど溜まってしまったという経験があります。

 

なぜそんなに溜まってしまったというと、皆さんも大体想像が付くかもしれませんがクレジットカードのリボ払いという制度に引っかかってしまったからです。

 

大体のクレジットカードはリボ払いがデフォルトになっていて、それで気づかずにいたため元金が減らずに借金が溜まってしまったということになりました。

 

幸いに気づいてからは分割支払いにするようになりましたが、完済に関しては正社員になってボーナスが出てからようやく終わったので、かなりの気苦労を感じました。

 

借金返済のパワーを定期貯金に回せれば

いやもう、借金をしている側の人間からどうのこうの言えることではないとは思うのですけれど、昔に比べたら借金をするのってものすごく簡単になりましたよね。
ですから、無借金期間になりますと、ついついついつい借金をしてしまいそうになるのです。

 

と、言うか、ついついまた借金をしてしまって、そして無借金期間が終わって、また新たな借金生活へとなるのですけれど。

 

もう、この性分がダメなものなのでしょうね。
そして借金生活に入る度にこう思うのですよ。

 

「なぜにこのやる気を貯金に回せないのだ…」と。

 

まあ、借金をしてしまってからそのような頑張りをみせても仕方がないことなのですけれど。
しかし毎月毎月律儀に借金を返せる頑張りはあるのですよね。

 

これで踏み倒し遅延気味なタイプでしたら、根本的に問題があるのでしょうけれど。
しかし私の場合はそうではない…と。

 

でも、本当に毎月の返済日に思うんですよね。
この返済のための振り込みを定期預金へと回せたらなぁ〜と。
そして、借金を完済し終えたら定期預金するぞ〜とは毎度思っているのですけれど、現実はなかなかそうは言っていないのですよね。

 

私以外の借金生活の方もそうでしょうけれど、返済金額結構痛いものですからね。
「それなら借金するなよ」のツッコミで終わることですけれど。

 

借金はすぐに返すべきです

借金をしてしまったという経験は、一度はしたことがあるという人もいるかと思います。
また、これから借金をする可能性のある人に伝えたいことは、お金を借り入れしたら、すぐに返済をするべきだということです。

 

もちろんそう言うのには理由があります。
それは、借金をしている間は常に心に不安が付き纏うからです。

 

そのような状態で過ごさなければならないことを、試しに想像してみてください。
気が気でないということは、簡単に分かると思います。

 

他にも、お金を借りるというのは、金利のことを忘れてはいけません。
もしも金利が年18%で100万借りた場合、一年経つと総額で118万返済しなければならないのです。

 

18万も余分に支払うのには、必要以上の労力が求められるのです。
もちろん1年で返せなければ、更に利息で返済金額が膨らんでいくため、長引かせてしまうのは非常に危険なことなのです。

 

借金は、止むに止まれぬ事情があってする場合もあるので、しょうがないことですが、必ず現実的な返済計画を立てておきましょう。

 

それに沿って返済をすることで、無理なく借金を返していけるかと思います。
今の時代はキャッシングなどを簡単にすることができますが、考えなしの借金はやめましょう。

 

上手な借金返済方法

借金というのは、蓄積してしまったら、自分がとても不利になってしまうものです。
翌日には必ず返済するなど、自分なりに何か法則、ルール、習慣を設けておくといいです。

 

早く借金返済していく習慣がついている方というのは、一時的には借金する事があっても、何か大きなトラブルにつながってしまうという事にはなりません。

 

トラブルになってしまうという方は、借金を上手に返済していく事ができない人です。
借金返済は早めにしておく事、あるいは、計画性を持って、その計画をいつも念頭に入れて返済していくというスタイルが大事です。
多額の借金をしているのに、ギャンブルばかりして浪費している人などは、論外になりますよね。

 

これも一人ひとりの心がけや、習慣によるところが多いので、先延ばしにしてしまうクセがある人というのは、借金返済に関して、トラブルが出てきやすいタイプだと言えるのです。

 

きちんと計画を持って返済している人や、コツコツと毎月自分で決めた額を返済している人というのは、借金返済でトラブルを起こしてしまうというケースも少なく、とても順調に完済していく事ができるのです。

 

このような事からも、毎月、少額ずつでも返済していくというのが、有利な方法ですね。
カードローンの方などは、コツコツと返済していくといいです。

 

もしも少額をまとめて借り入れしたという方であれば、ATMなどから、いつでも返済可能ですので、翌日に返済してもいいですね。

借金返済ブログ|いい借金と悪い借金の違いは?の関連記事

借金生活で自己破産した人の体験談!
借金生活体験談