いい借金と悪い借金

 

今の世の中、現金だけではなかなか生きていけませんから、普通はどこかで借金しています。
クレジットカードを使うのも広い意味での借金ですね。

 

人によって借金の動機は違いますから、借金そのものがいいか悪いか一概には言えないでしょう。
クレジットカードを使っても期日にきちんと精算できていれば、もちろん問題はありません。

 

住宅ローンのような多額な借金でも、それが問題だと考える人はいないでしょう。
それでは、悪い借金すなわち危ない借金とはどういうものでしょうか。

 

まず、返済のアテのない借金ですね。
期日に入金すべき返済額を収入の中から捻出できなくなると、借金のための借金をするという悪循環に陥ってしまう危険があります。

 

それから、だんだん増えていく借金、これも危険です。
カードローンの返済よりも借入れの方が多くなり、複数の業者から借り入れざるを得なくなるような状況ですね。

 

金利が高い借金も問題です。
業者の金利は、金利制限法の適用を受けていますが、それでも、金利の高い多額の借金があることは問題があります。

 

いずれも借金生活が常態化して、元金や利息の返済に苦しむ生活に陥る可能性があります。
借りるのが便利な世の中なので、軽い気持ちで借金をすることがあると思いますが、「悪い借金」への入り口になっていないか、よく考える必要がありますね。